フローリングの簡単な補修方法

洋風の住居が増えてきており、部屋のなかにフローリングの床を備えた家が増えてきています。絨毯や畳と比べて手入れがしやすいと主婦からも人気があります。確かに水拭きやモップ掛けなどはしやすく、掃除の面では楽だといえます。しかし、へこんだり、傷がついたりといったトラブルが生じやすいというのも事実です。

何らかの形で補修しながら使っていかないといけませんが、張り替えるとなると職人に部屋の中に入ってもらわねばならず、手間がかかります。しかし、フローリングを自分で補修することも不可能ではありません。フローリングの補修道具として従前より活用されてきたのがクレヨンです。小さな傷、へこみであればクレヨンを削り、へこんだ個所に塗り込んであげれば傷を隠すことが可能です。

クレヨンの多くは自然素材ですので、木でできているフローリングとは相性がよく、きれいに塗り込めば傷がなかったときのようなきれいな状態に生まれ変わります。単純な補修に思えますが、インテリアコーディネーターも推奨する補修方法です。クレヨンも文具店や百円均一ショップなどで簡単に手に入りますので、取り組みやすいといえます。その他、ホームセンターで販売されている修理キットを活用する方法も一般的です。

こちらの場合は若干工具を使用するケースもありますが、DIYの解説本も書店で多数販売されていますし、ホームセンターの従業員が修理方法をレクチャーしてくれるケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*