鎌ヶ谷市内での小規模な葬儀について

鎌ヶ谷市は首都圏のベッドタウンとしての位置付けもあり、もともと住んでいた人たちのほか、他の地域から移住してきたいわゆる新住民の割合も多いのが特徴です。

鎌ヶ谷で葬儀のことならこちらのサイトにお任せください。

そのため葬儀のスタイルも地域で受け継がれてきた伝統的な内容を墨守するというよりも、時代にあわせて柔軟にさまざまなスタイルが認められる傾向のほうが強いといえます。


そこで最近登場しているのが参列者を限定したごく小規模な葬儀で、これは鎌ヶ谷市のみならず首都圏全般としてもいえることです。

鎌ヶ谷市でのこれまでの一般的なありかたとしては、家族や親族、地域、会社に至るまで、より多くの人々を集めて盛大に見送るというパターンでした。



しかし最近のトレンドとしては、義理だけで参列をすることはなるべく遠慮してもらい、亡くなった人と実際に親しい関係にあった人だけを優先させるという考え方になってきています。そこで生まれたのが家族葬のような新しい葬儀のスタイルで、この場合は通夜や告別式を別々にしたり、当日の僧侶による読経や焼香があるのは従来どおりですが、参列者だけは絞り込んでいます。



もっとも費用面においてもこうした小規模な葬儀のメリットが大きいのはたしかで、これまでの葬儀よりも半分以下の料金で済ませることができるのが一般的です。
ただし依頼先によってはこうしたプランを取り扱っていないこともありますので、あらかじめパンフレットなどに目を通して調べておくこともたいせつです。