フロアコーティングの分類と特徴

フロアコーティングは住宅の床材を保護し、美しい外見を維持するために不可欠な要素となっており、大きく分けて水性系と油性系のコーティングへ分類されます。ウレタンやアクリルのコーティングは有機溶剤が含まれていない水性系の技術に該当し、施工価格は安価ですが耐久性は低く、長くても5年前後で塗りなおしの必要性が生じてきます。水性系のフロアコーティングは塗りなおしの手間を容認できる環境下において最もコストパフォーマンスに優れた選択肢であり、ツヤ出しの目的としても適している特徴を持ちますが、液体や薬品に弱いのでペットや小さな子供のいる家庭では扱いにくい傾向にあります。一方で油性系のフロアコーティングはシリコンが代表的で、10年以上の耐用年数と硬度の高さが主なメリットとなります。

また、シリコンの上位互換となるUVコーティングやガラスコーティングは施工価格が非常に高額であるため、徹底的な床材の保護へ向いていると同時に、ペットなどで傷が付きやすい場合にも有効な手法です。ガラスコーティングはその特性上の理由からやや滑りやすいので、光沢の強さにも相談しつつUVと比較して選ぶのが効率的といえます。UVフロアコーティングは耐久性や厚みに優れ、適切に扱えば20年以上の品質維持を期待できる種類ですが、塗りなおしが不可能となってしまうリスクがあり、環境によっては光沢が強すぎることで生活に不都合となる例も想定されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*