フロアコーティングの種類と特徴について

木質系の床のメンテナンス方法の中にフロアコーティングがあります。フロアコーティングは水性系と油性系という2つの種類に分けることができ、その中においてもいくつかの方法が利用されています。それぞれの方法には特徴があり、内容をよく理解することによって選択をする場合の基準にすることができます。フロアコーティングの方法としては現在4つが用いられていますが、1つ目としてはUVによるものがあります。

主にウレタンを中心とした特殊な樹脂を、紫外線を利用して瞬時に焼付けるコーティングとなっており、施工後の硬度も5H~7Hと高く、耐久年数も20年以上となっています。2つ目の方法としてはシリコンがあります。この方法はシリコン樹脂を用いた塗装となっており水性と油性、2つの性質の塗料が用いられています。硬度は5H以上と高く、耐久年数も10~20年以上となっています。

3つ目としてはウレタンによる塗装があります。ウレタンにおいても水性と油性が用いられますが、シリコンと比べた場合には少し弱い性質を持っており、硬度では1H~4H程度、耐久年数においても5~10年程度となっています。最後の4つ目としてはガラスタイプがあります。この方法は他のコーティングに比べて最も硬度を得ることができる方法となっており、数値としては7H~9Hと高いものがあります。

当然耐久年数も長く、その期間は20年以上となっています。施工方法は樹脂剤にガラスを用いており、ナノコンポジット方式と呼ばれる特殊な方法によって施工は行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*