様々なフロアコーティング

長期間にわたって被膜を維持できるフロアコーティングには、目的や状況に応じてコーティング剤を選択することができます。耐久性が最も高い樹脂を焼き付ける方法で塗装するUVというフロアコーティングでは、20年以上もの長期間維持が可能な耐久性があります。作業時間についても樹脂を瞬時に硬化させることが可能であるため、時間をほとんど必要としませんので立ち合い等に時間を割くことができない人に非常に助かります。そして、UVよりは耐久性が劣りますが、10年以上の耐久性があるシリコン樹脂を用いた塗装方法では、滑りにくく、水や薬品に強いため汚れを掃除しやすいといった特徴があります。

また、木を素材としたタイルに対しては、透過性が良いタイプのシリコン樹脂を選択すれば、木の呼吸を遮ることが無いので安心です。その他にはウレタン樹脂を使用した塗装方法があります。ウレタンは長期の耐久性に優れているUVでも使用されていますが、UVでの焼き付けとは方法が異なり、乾燥に要する時間が1日必要となりますが、厚みのある仕上がりとなる特徴を持っており、一番古くからある方法です。以上の様に、フロアコーティングには、方法によって仕上がりにそれぞれ違った特徴を持っています。

床材の種類や模様、部屋全体のイメージ等にあった方法を選択することができます。また、コストにも違いがありますので、予算に合わせてフロアコーティングを選択することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*