フローリングのDIYによる補修

フローリングが傷ついてしまったら、できるだけ早めに対処して補修しましょう。時間が経過すると、傷や亀裂にはゴミが入り込んでしまいます。カビが繁殖してしまうと、傷や亀裂からカビの根がフローリングの床板に貼られてしまう危険性もあります。フローリングがワックス塗装されている場合は、ぬるま湯で周辺を拭きます。

ぬるま湯でワックスが落とせます。ワックスを落としたら、ぬるま湯なので乾燥しやすいのがメリットですから、すぐに傷や亀裂に樹脂剤などを注入します。床で目立たない色を、あらかじめ見つけておきましょう。補修に使用する樹脂剤は、ホームセンターのDIYコーナーで市販されているタイプから選ぶと安価です。

手頃な価格帯でも、性能は良いです。ただし、匂いが気になる場合には、あまり匂わないタイプの補修剤を選ぶと良いでしょう。補修剤を使用したら、丁寧に乾燥させます。乾燥時間は、自然乾燥が理想的です。

早く乾燥させたいからと言ってドライヤーなどの熱処理をしてしまうと、床板材そのものが変色したり変形してしまいます。床板材は、急激な湿度の変化で歪みやすいので要注意です。フローリングの儀素焼き列を、樹脂剤で補修してから、仕上げにワックスを塗ります。ワックスでツヤが出ますので、傷を修正した場所が目立たなくなります。

もしも可能であれば、大掃除のときのように、ワックス全面塗り替えにすると、さらに仕上げは美しくなります。一時的な仕上げでも、次の大掃除のワックス塗り替えで、さらに是正されるので、それほど神経質にならなくても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*