自宅のフローリングを補修する時のコツ

うっかりフローリングに傷をつけてしまった場合、浅いものなら自分で補修できてしまいます。最近では木目の模様が描かれたシールがあるので、それを貼っておくだけで目立たなくできます。この時のコツとしては、傷の周辺の掃除を入念にやっておくことです。特に脱脂をすれば剥がれにくくなります。

フローリングの補修キットの中には、パテと呼ばれる特殊な粘土を使用するタイプがあります。これは深くえぐれてしまった場合に適していて、パテを塗って埋めてやります。さらにその後、塗料を筆で塗っていけば、どこを補修したのかわからなくなるのです。ただし、パテの扱いには注意が必要で、物によっては乾くと痩せてしまうものもあります。

一度乾燥させて、凹んだ部分にまたパテを盛るといった作業を何度か繰り返しましょう。軽く引っ掻いた程度の傷であれば、クレヨンタイプのフローリング補修材を使うと良いです。色を塗るように擦り付けてやると、その摩擦熱で溶けて傷に付着します。その後、ドライヤーなどの冷風を当てれば定着します。

ところが、その部分だけは艶がなく、いかにも直したとわかるため、仕上げにワックスをかけると周りと馴染みやすいです。これらの道具を使う場合、持ち家であれば気にする必要はありません。しかし、賃貸物件なら補修したからといって原状回復を求められないとは限らないので注意が必要です。場合によっては、素人が施工したからという理由で余分に修理費用を取られる可能性もゼロではないです。

それを避けるには、事前に直しても良いか問い合わせておく方が無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*