フローリングの補修とは

フローリングの補修方法は、症状や素材によって選ばれます。できるだけキズやへこみは予防したいものですが、傷んでしまった場合には、早めにフローリングを補修することも大切です。家具を移動する際に引きずるとキズの原因になります、小さなキズだからと放置していると、場所によっては広がってしまうこともあります。小さなものであれば市販の修理用品を使い、早めに補修しフローリングのキズを直しておきましょう。

また紫外線や水分は表面を劣化させます。そのため、窓に近い部分は結露や直射日光によって傷みやすいものです。手入れをしていないと表面が剝げてガサガサになってしまったり、退色することもあります。それを防ぐには水や紫外線を避ける必要があります。

直射日光が当たる時間にはカーテンを閉めておきましょう。また自然の木を素材としていて水に弱いため、水がついたらすぐにふき取るようにします。それでも傷んでしまったら、フローリングの補修をしましょう。無垢の木材でできている場合は、表面を滑らかにしなおした後、塗装します。

合板の場合は状況によって表面を貼りなおしたり、パテで埋めたりといった方法でフローリングを補修します。場合によっては専門業者に依頼し、直してもらう必要があります。このようになる前に、日頃の手入れとしてワックスをかけることは長持ちさせるために有効です。なかにはワックスをかけられない製品もあるのですが、それ以外であれば、定期的にワックスをかけておくことでツヤを保ち美しさが長持ちします。

防寒の窓のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*