風呂の見映えをリフォーム

木造建築の一戸建てで、築年数が三十年を超えていると、風呂の傷み具合が激しい場合があります。見た目にはカビや石鹸カス汚れだけが目立って見えても、実際に清掃してみて汚れが落ちきれない場合は、経年劣化の要素を疑ってみると良いでしょう。風呂の素材が何であっても、ある程度の築年数では経年劣化の現象が発生します。タイルそのものは長持ちしても、タイルとタイルの間の目地は、カビの胞子が根を奥まで張ってしまって汚れが取れなくなっている場合があります。

汚れを落とせなくなっている場合も、リフォームを検討すると良いでしょう。特定の箇所に損傷や損壊がなくても見映えの悪さだけでリフォームを依頼できます。この場合は、必ずしも明確な原因や理由がなくても大丈夫です。工務店やリフォーム業者の見積もりで、どこを改善すべきか明確になるからです。

見積もりは無料の範囲内で依頼しておき、工事が可能であったり、改善が見込める場合に正式に工事を依頼します。風呂の場合は、床下のチェックをしてもらったうえで、シロアリ被害の有無を確認しましょう。シロアリの被害があっても、リフォームは可能です。大切なのは、改善工事をしてもらえるかです。

風呂の床下にシロアリ被害が見つかれば、水漏れと湿気が疑われますので、水漏れしないように浴槽と床を改善します。湿気対策は、床下に炭を設置するなどの方法で、かなり改善できます。基本的に床下には防虫対策の薬剤を散布してもらいます。見映えをリフォームすると考えることで、具体的な問題点と改善点が見えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*