風呂の床をリフォーム

木造建築の一戸建てで、築年数が20年を経過しているのなら、水回りのリフォームを検討すると良いでしょう。具体的な故障や損壊が発生していなくても、水回りは金属疲労やカビの繁殖が発生している可能性が高いからです。故障する前に交換するのも、リフォームとして効果的です。水回りで故障が原因で水漏れ現象が発生してしまうと、水道料金の支払いが必要以上の出費になってしまう可能性が高くなります。

コストダウンの意味でも、水回りのチェックは大切です。風呂を見渡したときに、落ちにくいカビが見られるなら、新規交換を検討してみましょう。もちろん予算にもよりますが、意外と低予算で実現できる場合もあります。なによりも風呂は清潔に維持しておきたい場所です。

カビが発生しにくいように、環境そのものを改善すれば、清掃しやすくなりますし、家族も安心です。築年数が経過していても、風呂の内装は、まるで新築の一戸建てのような内装に仕上げられるのも魅力です。タイル張りや、樹脂製の床面は、同じ素材へのリフォームも良いでしょう。新規交換することで、目には見えにくい傷がなくなりますので、カビの発生確率を下げられます。

今までとは異なる素材に新規交換する場合は、風呂の床下をチェックするのにも良い機会です。工務店と連携して、シロアリが生息していた痕跡がないかを調べてもらいましょう。風呂の床下に防虫剤を散布してもらってから、床のリフォームを施工してもらうと、清潔で長持ちしやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*