風呂の壁を清潔にリフォーム

風呂は湿度が高くなる場所ですが、適切に換気を行なえば湿気をコントロールしやすい場所です。築年数が経過しても、損傷する箇所が少ないのも特徴です。問題になるのは損傷よりも汚れの場合が多いです。カビの発生が原因の汚れですが、色は黒だけでなく、ピンクの汚れも目立ちやすいです。

原因はカビの胞子と、酵母菌です。簡単に市販の薬剤で除去できますので、適切に清掃していればクリアできます。気をつけたいのは、壁の汚れで、薬剤だけでは除去できなくなっているときです。風呂の壁はリフォームできます。

素材そのものを変更して、新しく施工できます。予算は想像しているよりも低予算で済ませやすいのも特徴です。詳しくは工務店と相談する必要がありますが、必要以上に薬剤を使用して清掃し続けるよりも、最新の壁素材に新規交換してしまったほうが、長い目で見ると経済的です。薬剤の購入費用の節約だけでなく、健康への影響もあるからです。

風呂が汚れやすくて清掃回数が増えてきたなと感じたら、工務店にリフォームの相談してみるのも良い方法です。普段の生活目線では気づきにくい経年劣化を把握できるチャンスになります。経年劣化による細かな傷に、カビの胞子が入り込んでしまうと、カビの根が大繁殖して、薬剤だけでは根絶しにくくなっています。リフォームは、損傷や損壊だけが基準ではなく、美しく整えたい場合や、清掃回数を減らしたい場合にも、効果的だと覚えておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*