修理, 水道詰まり, 生活/暮らし

屋根の雨漏りは放置しておくべきではない

屋根の雨漏りは、気象条件による損傷は勿論の事、経年劣化によっても発生します。雨漏りの箇所によってしずくが床に垂れてくる事も有りますが、時には壁紙を伝ってしまうことも有ります。雨が降った時等にしか症状が出ない場合も有りますが、放置しておく事はあまり住宅にとっても良い事ではありません。屋根の雨漏りの放置によって、住宅の内部が傷んでしまう事が有ります。

たとえば防火剤等が壁の内側にある場合も、そこがカビてしまったり、劣化を促進してしまう事は決して珍しくあません。住宅は正しく手入れをすれば長く住む事ができますが、屋根の雨漏りを放置しておくと思っている以上に劣化スピードが速くなってしまうことも多々あります。したがって、発見した場合はすぐに原因を追究して修繕等の対策を行う必要が出て来ます。ただ素人ではどうなっているか判断しきれない為、まずは原因箇所を見てもらう為に業者に点検を依頼します。

依頼すると、業者は屋根や屋根裏の様子を見てどこの箇所を修繕する必要があるか、さらにその場合の最適な方法を検討して提案します。ただ業者によっても雨漏り箇所の修繕方法は大きく違っており、さらに請求額にもかなりの違いが出てくる事も決して少なくありません。中にはその家屋に不必要な修繕を施す場合も有るため、複数の業者に現状を見てもらい、修繕方法の提案、さらに見積もりを出してもらう様にしてから実際に作業を依頼する業者を決めて対応します。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です