排水口つまり, 水漏れ, 生活/暮らし

屋根からの雨漏りを放置すると

激しい雨が降ったときなど、屋根から雨漏りがするというお悩みを持ったご家庭は少なくありません。しかし、シミ程度の雨漏りだからと放置していないでしょうか。適切な対策をしておかないと、思わぬ二次被害を引き起こしてしまう危険性があります。木造住宅の場合、屋根を支えている構造物も木材でできています。

水濡れを起こすと、木材は腐食を起こします。また、侵入してくる水が多ければ、柱を伝わり腐食を起こす範囲も広がります。ゆえに家の耐久力がなくなり、最悪は倒壊の恐れのある建物となってしまいます。木造住宅の耐久性を低下させる原因として、シロアリの存在も無視できません。

シロアリは湿った木材をエサとします。シロアリは木材の中身を空洞にするような食べ方をします。そのため、シロアリがいることに気付いた時には既に時遅しであるケースが多く、こうなってしまうと自宅の修理費用が莫大にかかることも珍しくありません。また、雨漏りの放置は家だけでなく、家族の健康も蝕みます。

雨漏りによって屋根裏の湿度が極端に高くなり、風通しの悪い環境も相まってカビが発生しやすくなります。居住空間からはなんの問題もないように見えますが、カビ臭さまで感じるようになると、見えない場所にカビがびっしりと発生している可能性もあります。カビの種類によってはシックハウス症候群の誘引となり、咳や頭痛を出現させてしまいます。そのほか、家財の水濡れや漏電からの火災など、雨漏りを放置して良いことは一つもありません。

お気付きの際には早めに対応しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です