排水口つまり, 水漏れ, 生活/暮らし

屋根の雨漏りを修理する

家を購入したときは、これでしばらくは問題なく暮らせると思うものですが、10年から15年程度経過をしてくるといろいろと修理が必要な個所がでてくるものです。とくに屋根や外装は雨や風、紫外線に直接さらされているために、経年劣化をしてくるからです。その中でも早急に修理をする必要があるのが、屋根の雨漏りです。いつのまにか瓦がひびがはいっていたとか、漆喰から崩れていたとか、スレートのひびなどもトラブルがおこる原因となります。

ちょっとした雨漏りくらい大丈夫だろうと考えるのは大きな間違いです。水が家の中に入りこむことによって、家の壁だけでなく家の構造物が濡れていることで、柱や構造物が腐食してしまう可能性があります。さらにはその周辺にカビが発生していることも考えられます。屋根の雨漏りは、その被害が広範囲に及んでいる可能性があります。

かりに1か所だけが雨漏りしているようだと思っても、実際はもっと広範囲の屋根に被害が及んでいるときもあるのです。ですから早急に修理を考えていったほうがいいです。修理をしようとしても、いったいどこの業者に依頼したらいいのか、わからないという人は多いです。ネットで激安という文字をみつけて依頼するのは危険です。

あとから別料金を請求される可能性もあるからです。まずはおおよその費用というのを調べてみたり、見積もりをとり料金のことや施工のことを十分に理解したうえで、修理を考えていくことが大切なことです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です