トイレ, 修理, 生活/暮らし

雨漏りの修理をするには

雨が降っている日にふと床を見るとなぜか水が溜まっているとか、ぽたぽたという音がどこからか聞こえるという場合は雨漏りしている可能性が高いです。雨漏りとは、屋根や壁から雨が進入して起こる現象で、原因はいろいろな事が考えられます。屋根材がズレたり、割れる事で雨漏りが発生しているケースや、谷と呼ばれる部分に使用している銅板に穴が開き、そこから雨が進入している事が最も多い雨漏りの原因で、雨漏りの修理をする場合、屋根材の割れやズレは取り替えたり、元の位置に戻しコーキングなどでズレないようにする事で修理できます。谷部分の雨漏りの修理は一度屋根材を撤去し、谷板金をやり変える必要があります。

板金を取り替える雨漏りの修理の場合、特殊な工事になるので本職に依頼するのが確実に修理することが出来ます。一時的な修理をするには、穴が開いている部分にコーキングを塗ると雨漏りは止まりますが、穴の開いた部分以外も弱っている為、いずれは他の箇所から雨漏りしてしまいます。壁が原因の場合、外壁に防水性が無くなり水分を吸収するような状態になっていたり、壁にクラックと呼ばれる亀裂が入り、そこから雨が進入している場合もあります。この場合、コーキングなどで亀裂を埋め外壁塗装をする事で防水性がよみがえり雨漏りも止まります。

どの修理もコーキングなどで原因部分を埋める事で一時的には雨漏りは止まりますが、完全に修理できているわけではありません。地元の業者に工事依頼する事で綺麗に工事してもらえ後々も安心して住み続けることが出来ます。トイレ修理のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です