つまり, トラブル, 生活/暮らし

つまりのトラブルには早めの対策が重要

トイレの流れが何だか悪い気がすると感じたことはありませんか。トイレットペーパーを大量に流してしまうだけでも、つまりの原因となることがあります。トイレのトラブルには、何らかの兆候があると考えられており、どこかいつもと違うと感じた時に確認して早めに対処することが重要です。まずトイレがつまりかけている時は、水を流した時に普段とは違う音がすることがあります。

コポコポやゴボゴボなど、聞いたことがないような音がするようなら要注意です。次に水を流した際も、同じような状態であれば、何らかのトラブルが起きていると考えてよいでしょう。まずは異音はどこから聞こえてくるのかを、正確に把握することが大切です。便器の中から音がしてくるという場合、排水管内でもトラブルが起こる前兆であると考えられます。

排水管内で問題が生じている場合は、トイレだけでなく台所や洗面台、風呂場の排水溝からも同じ音が聞こえてくるかもしれません。トイレタンクの中から音がする場合は、タンク内の部品が破損している可能性が高いでしょう。チョロチョロと水が流れ続けている場合も同様です。タンクを開けて、部品に問題がある場合は至急交換が必要となります。

まれにウォシュレットを使用している時のみ、異音がするということもあるようです。この場合は、洗浄機能に何らかのトラブルがある可能性が高いため、水道業者に依頼して修理してもらう必要があるでしょう。つまりに早く気付いて対策することが必要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です