つまり, トラブル, 生活/暮らし

洗濯機の水あふれトラブル排水ホースのつまりかも

糸くずフィルターが収納されている扉から水があふれてくるトラブル、状況からして、下水につながる排水ホースの先を疑ってしまいがちです。きっと、下水管のあいだに原因がある、そこにつまりがあるのだと考えてしまいます。しかし、下に敷かれた防水パンは水に浸かっていません。下水管掃除をしなければならないと家庭内で大騒ぎをしたり、洗濯機を買った家電店の電話番号を調べたり、役所の水道窓口に連絡をしたりすることを考えてしまいますが、こういったトラブルの場合は、まずは足もとを確認するのがベストかもしれません。

つまりの原因は、排水ホースの中です。糸くずフィルターが収納されている扉からまだ水があふれてくる可能性があるので、バケツやぞうきんを置いて適切に対処したあと、排水ホースの出口を細い道具で突くと、糸くずのかたまりと思われる黒っぽいものがあふれてきます。排水ホースからも水があふれてくるので、汚れても問題ない服装に着替えてから作業するのがよいです。捨てても問題ないバスタオルを何枚か用意しておくことで、新たな水トラブルを防げる可能性があがります。

ホースが曲がっていると、内部につまりを生んでしまう原因になります。糸くずのかたまりは、洗剤を含んで粘度をおび、常に濡れた状態で排水ホースの中でつまり、栓となってしまい、洗濯機から水があふれるというトラブルにつながります。糸くずフィルターを通しているから大丈夫と考えず、一年に一度くらいは排水ホースのお掃除をしてつまりを解消することでトラブルに見舞われる原因を一つ減らせます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です