トラブル, 水漏れ, 生活/暮らし

水漏れのトラブルの修理

洗面所は毎日使用する場所ですし、水漏れが起こりやすい場所の一つです。特に洗面台の下の部分はパイプになっており、なかなか目に付かない場所なので注意が必要です。この部分でトラブルが発生しても気付きにくいですが、放置してしまうとさらに症状が悪化してしまいます。素人が自力で修理することは難しいため、専門の業者に修理を依頼すると良いでしょう。

洗面台のトラブルは蛇口やパッキンに原因があることが多いです。蛇口が劣化してしまった場合やパッキンが故障してしまった場合、水が漏れてしまうということです。最近では水栓の仕組みが複雑化しており、故障しやすいと言われています。しっかりハンドルを閉じているのに水が止まらない場合や水が滴ってくる場合、水道内部の部品や水栓を交換する必要があります。

蛇口本体の交換が必要なこともあるでしょう。洗面台の床に水が染み出してくるというトラブルもあります。これは排水管の不具合やホースの劣化などが原因であり、部品が劣化することで水滴がついてしまうということです。床が湿っていることに気付いたら注意が必要です。

放置しておくとカビなどの原因となるため、早めに業者に相談しましょう。修理では部品を交換したり、ホースを補強するといったことが行われます。排水トラップから水漏れが起こっている場合、汚れや異物が原因になっていることが多いです。トラップは洗面所の下の方にあって異物の侵入や悪臭を防ぐという役割があります。

しかし、故障すると水漏れの原因となるため、分解して掃除をする必要があります。水漏れトラブルの修理のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です