富士山の初心者の歩き方は?

富士山に登ってみたいと憧れてはいても、初心者だと荷物やら何やらとあれこれ考えることが多くて緊張する方もいることでしょう。

服装なども準備をして、後は当日を迎えるだけとなると期待も高まりますが、どのように歩くのかも周囲に聞いたりすることをおすすめします。何となく道を歩いていたり、前にいる人の後をついていくというのでも登ることはできるのですが、富士山も決して低い山ではありません。初心者でも少しでも疲労を軽減できるような歩き方ができれば、その分だけ歩いていて楽になります。登るときはよくても、降りるときに足がふらついて滑って転んだりしてしまうことはよくある話です。

擦り傷程度ならまだいいですが、捻挫や挫いたりしたら目も当てられません。誰でも始めは初心者ですから、富士山を見上げながらゆっくりと歩幅は小さめを意識しましょう。かかとをつけるような感覚で、靴の底をしっかりと地面につけるようにして歩いてみて下さい。上半身や腕が無駄に動かないように足を運びますが、一定のリズムを取れるように歩いていくとスムーズです。

必要以上に前のめりになったり後ろに体が反らないようにしながら、一歩ずつ地面に足をつけて歩きましょう。距離が開いてしまうと走って追いつきたくなるかもしれませんが、自分のペースは崩さないように心がけたいものです。周囲のペースもチェックしつつ、無理なく歩けるようにして下山も無事にできるように登山をして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *