富士山初心者は山小屋が多い吉田ルートがおすすめ

富士山への登山初心者は、どのような準備をすべきかわからない人は多いと言えましょう。

富士山は途中にある山小屋で1泊したり、仮眠して真夜中に出発するなど、ハイキングとは全くことなくスタイルの登山になるのが特徴です。山小屋は街中やリゾート地、温泉街などにあるホテルや旅館などとは異なり、登山者が休む場所でもあり旅館やホテルなどのサービスはありません。

但し、山小屋は1泊2食付きなどのプランがありますので、食事の心配は無用です。途中で食べる行動食や昼食などの準備を行っておけば、夜と朝の食事は山小屋で用意してくれます。行動食や昼食をリュックに詰めるとかなりの重量になってしまう、初心者の自分には荷が重すぎなどと感じる人も多いのではないでしょうか。

行動食や昼食などの食材は他の山であれば必須ですが、富士山の中でも吉田ルートを利用すると要所要所に山小屋があり、売店もあるので行動食や飲み物、軽食などを購入することも可能です。ちなみに、吉田ルートは富士山の中では人気ルート、混雑もしますが山小屋の数が多いため初心者向きのコースです。

このようなルートを選択することで荷物の量を減らすメリットにも繋がります。尚、山では水は貴重品で、特に富士山の山小屋は雨水をためて料理を作ったりしています。そのため、飲料水は小屋でお金を出して購入する必要がありますので、荷物の負担にならない程度の水を登山口で汲んでおくなどが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *