スノボーツアーにおける滞在先

旅行代理店では冬になればスノボーツアーの受付を開始しますが、このようなツアーは目的地となるゲレンデそのものの選択もさることながら、ツアー期間中の滞在先となるホテルなどの宿泊施設の選択も重要となります。

旅行代理店によっても異なりますが、このようなスノボーツアーでは宿泊施設を複数の選択肢のなかから申し込みをした本人が選べる場合もありますので、もしもそうしたプランがあれば積極的に活用するのがよいでしょう。目的地のゲレンデが規模の大きなところだった場合には、たいていゲレンデのごく近くに大型のリゾートホテルが存在しているものです。

一般にリゾートホテルといえば料金が高く敬遠されがちですが、スノボーツアーのなかでバスや電車などの料金とセットで組まれている場合には、通常の宿泊料金よりも格安設定になることが多いといえます。このようなホテルではレストランやカラオケ、ショップなどが館内に併設されていることが多く、滞在そのものを楽しむことができます。

ほかにも地元の旅館に宿泊をするパターンがありますが、この場合は有名な温泉地になっていて、内湯として源泉温泉を楽しめたり、地元名産の料理に舌鼓を打ったりという独自の過ごし方ができることが多いといえます。リゾートホテルほどの高級サービスはありませんが、他に代えがたい魅力があることは確かです。地元密着型という意味では旅館ではなくペンションやコテージといった洋風形式のものもあり、こちらもアットホームな雰囲気で地元料理などが楽しめる点では有力な選択肢です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *